米国大統領不正選挙問題は決着がついたようですね

2021年1月16日土曜日

時事

t f B! P L

11月から長らく闘争してきた米国不正選挙問題が、ここで一区切り付きそうですね。

 

こんな報道が流れて来ました。

 

トランプ氏、新大統領就任当日にフロリダ別荘へ出発=関係筋

https://jp.reuters.com/article/usa-trump-depart-idJPKBN29K23S

引用「トランプ米大統領がバイデン次期大統領が就任する20日の朝にワシントンを出発することが、関係筋の話で15日分かった」

 

 

トランプ氏、米軍基地での「退任式典」要求

https://www.sankei.com/world/news/210116/wor2101160010-n1.html

引用「トランプ米大統領が20日正午に開かれるバイデン次期大統領の就任式を見届けることなく、同日朝にワシントンを離れると報じた

~中略~

 トランプ氏は同基地で、米軍の儀仗(ぎじょう)隊から21発の礼砲で見送られる『退任式典』を実施することを要求しているという」

 

 

今回の選挙は「バイデンジャンプ」と呼ばれる、投票締め切り後の不自然なバイデン票の増加が見られたり、死人の票が投票されていたりと、様々な不正選挙を疑わせる話が相次いでいました。

トランプ氏もTwitterでそのことを三ヶ月間発信していました。

 

不正投票を訴える訴訟は様々な手続き上の不備で却下されてしまい、マトモに裁判には賭けられていないようです。

 

特に私がショックだったのは、最後の最後にTwitter社がトランプ氏のアカウントを永久凍結したあと、競合する保守派SNSのスマホアプリをAppleとGoogleがストアから削除し、続いてAmazonがAWSから同保守派SNSのサーバーを停止して、事実上は強制的に保守派SNSの事業を停止させたという事です。

これは明らかに独占禁止法違反であり、資本主義の否定です。

そしてさらに言論の自由の侵害でもあります。

自由の国の代表格のようなアメリカでこのような事件が起こることが信じがたい事でした。

 

このとき、既にバイデン民主党の勝利はほぼ確定していたにも関わらず、なぜ米IT大手は集団ヒステリーのような魔女狩りにも似た行為を行うのか、まったく理解できません。

 

ドイツのメルケル政権を始め欧州からも「言論の制限は政府が行うべきで私企業が行うべきではない」と非難が上がりました。

 

メルケル首相、ツイッター社を批判 トランプ大統領のアカウント停止めぐり

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4172278.html

 

 

米国社会全体でも、最後の最後に魔女狩りのようなトランプ言論封殺が実施されています。

 

 

今回の米国の民主党や報道やGAFAやTwitter社の振る舞いは、とても不自然でした。

 

米国社会全体が「分断」されていることを証明するかのように。

 

バイデンの勝利が確定しているのにトランプの弾劾裁判まで行うというのですから。

それも上院のトランプ弾劾裁判はトランプ退位後に行うというのだから、意味が分かりません。

法的に成立するとも思えません。

そのときの大統領はバイデンなのだから。

 

「トランプ氏、米軍基地での『退任式典』要求」の記事はトランプ氏が選挙結果は認めないまま、退任実施の意向をアナウンスして、トランプ支持者達の混乱を避けるのが目的ではないかと思われます。

 

そして、その後は法廷闘争などの政治活動の戦略の練り直しを行うものと思われます。

 

共和党の能力にも問題があるようなので、もしかしたら共和党の再編や、トランプ新党が登場するかも知れません。

わかりませんが。

 

トランプ氏も米国の民主党や報道やGAFAやTwitter社の振る舞いの異常さを目の当たりにして、普通のやり方では駄目だと思ったのではないかと思います。

 

今後、トランプ氏がどうするか、これから数ヶ月後にはだんだん分かってくるのではないかと思います。

 

それにしても、大変な騒ぎでした。

 

観戦していた人達も一息つくことでしょう。

 

このブログを検索

Translate

人気の投稿

自己紹介

自分の写真
オッサンです。実務経験は Windows環境にて C#,VB.NET ,SQL Server T-SQL,Oracle PL/SQL,PostgreSQL,MariaDB。昔はDelphi,C,C++ など。 趣味はUbuntu,PHP,PostgreSQL,MariaDBかな ?基本無料のやつ。

QooQ