2020年7-9期GDP一次速報出る、2020年の毀損は27.8兆円

2020年11月16日月曜日

経済政策 時事

t f B! P L

本日、内閣府GDP統計の「7月から9月期」の一時速報が発表された。

https://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/files/2020/qe203/gdemenuja.html

 

一々引用しないが、新聞は相変わらず年率換算で結果を報道しているところが多い。

また、「4月から6月期」と比較して「年率換算で21・4%増」と報道するので具体的にどのぐらい回復したのか良く分からない。

比較するなら感染症の影響のなかった2019年の後期と比較する必要があるだろう。

また、「2019年の後期」と「2020年4月から6月期」と「2020年7月から9月期」のそれぞれの差を示して貰った方がGDPへのダメージと回復の程度が明確になる。

 

そこで、「2019年10月から12月期」を基準に「2020年4月から6月期」と「2020年7月から9月期」のそれぞれの差を記事に書きます。

 

以前も似た記事を書いたが、その時は「季節調整値」のことを誤解していて、「原系列」の値を記事に書いた。

記事の目的上は「原系列」で良く、この記事も「実質原系列」の値を引用している。

「季節調整値」とは毎年季節ごとの需要の変動(繁忙期など)の割合を均した値だ。

「季節調整値」は年率換算で公表されるので、この記事の目的に沿わない。

 

実質GDPの原系列

単位は「兆円」

四半期実質GDP民間最終消費支出民間企業設備
2019年10月-12月期135.074.820.4
2020年1月-3月期132.973.023.9
2020年4月-6月期118.266.118.3
2020年7月-9月期126.270.319.3

 

「2019年10月-12月期」との差 (兆円)

四半期実質GDP民間最終消費支出民間企業設備
2020年1月-3月期▲ 2.2▲1.8+ 3.5
2020年4月-6月期▲16.8▲8.7▲2.1
2020年7月-9月期▲ 8.8▲4.5▲1.1

 

実質GDPの「2019年10月-12月期」との差を見てみると、「2020年4月-6月期」は16.8兆円の所得が日本から失われた事になる。

しかし、「2020年7月-9月期」には下落幅が、8.8兆円に縮小した。

つまり前期から 8兆円所得が増えた事を意味する。

GDPは回復していることが分かる。

しかし、「2019年10月-12月期」と比較すると、依然として 8.8兆円 の所得が縮減したままである。

2020年に失われた所得の合計は 27.8兆円 になる。

 

感染症のGDP縮減から、48%しか回復していない。

民間消費も 48% 、企業設備投資は 47.6% しか回復していない。

 

V字回復フェーズで100%回復するとは思わないが、半分も回復しないとは回復の速度が遅すぎる。

 

2020年10月-12月期も2%-3%程度しか回復しない

本当がどうか分からないが、報道では次の四半期も2%から3%程度しか回復しないと言われている。

もし、前期比で 2.5% しか実質GDPが回復しなければ、実質GDPは以下の値になる。

単位「兆円」

四半期実質GDP民間最終消費支出民間企業設備
2020年10月-12月期129.472.119.8
2019年10月-12月期との差▲5.6▲2.7▲0.6

 

2019年10月-12月期との差が、5.6兆円になり、

2020年に失われる所得の合計は、33.4兆円になる。

2020年の実質GDPは、506.7兆円になる。

 

補正予算との差額

今回の感染症対策で政府が出資した補正予算は第一号が 25.7兆円、第二号が 31.9兆円 で、 合計して 57.6兆円になる。

GDP(需要)縮減分を、補正予算による出資で補ったとして、

縮減 27.8兆円 なら

57.6 - 27.8 = 29.8兆円

縮減 33.4兆円 なら

57.6 - 33.4 = 24.2兆円

真水の総量は十分となる。

 

しかし、様々な給付金や補助金を支給して、無利息無担保融資をしても、GDPの回復は遅く経済対策の成果は不十分と言わざる得ない。

 

GDPが伸び悩む原因としては、感染症対策で十分に経済活動ができないからである事は明白である。

ある意味「しかたがない」とも言え、政府が悪いとも国民が悪いとも言えない。

 

どうすりゃいいんだ ?

第三次補正予算の審議が始まっているそうだが、第二次までの補正予算も実質GDPの縮減と比較しても金額的には十分であり、この金額の需要補完を実施しても消費や投資が伸び悩んでいる。

 

この数字を見ると、この先どのような需要補完を実施すれば、GDPが回復するのか想像が付かない。

 

リフレ派からは「最低30兆円以上の第三次補正予算を組め」とも「40兆円は必要だ」とも主張されている。

実際、単純にGDPの縮減分を財政支出で出しても、GDPは縮減幅の半分しか回復していない。

 

大きな経済対策と財政支出が必要なのは理解できるが、正直なところどんな経済対策を実施すれば、GDPを回復できるのか、私にも分からない。

 

自殺者も急上昇しているので、待っている時間もない。

 

難しい状況になってきていると思う。

 

このブログを検索

Translate

人気の投稿

自己紹介

自分の写真
オッサンです。実務経験は Windows環境にて C#,VB.NET ,SQL Server T-SQL,Oracle PL/SQL,PostgreSQL,MariaDB。昔はDelphi,C,C++ など。 趣味はUbuntu,PHP,PostgreSQL,MariaDBかな ?基本無料のやつ。

QooQ