日本の税収 - 「財源がない」論は間違っている

2020年9月22日火曜日

経済政策

t f B! P L

 消費税減税や社会保障費削減や国債発行をめぐる議論で必ず出てくる意見に、

「そんな財源どこにあるのだ」
「将来の社会保障を維持する為には増税により財源を確保する事も重要だ」
というのがある。

この考え方は「国家予算の財源の量は限られた量である」という前提で語られる間違った概念である。
この考え方を「ゼロサム論」と呼ぶ。

どこが間違っているのかを全て説明するのは、説明量が多くなりすぎて難しいが、
間違っている事を証明するだけなら容易である。

論より証拠。

日本のこれまでの「税収」と「GDP」の相関を見てみれば一目瞭然である。

まず、財務省のサイトから貰ってきた税収の偏移のグラフである。






次に、先日発表された内閣府GDP統計の年度実質GDPをグラフにしたものである。




以下は、GDPに占める税収の比率を表したものだ。

年度
GDP(兆円)
税収(兆円)
GDP税収比率
1994
426.89
51.0
11.9%
1995
440.97
51.9
11.8%
1996
453.65
52.1
11.5%
1997
453.79
53.9
11.9%
1998
449.79
49.4
11.0%
1999
452.88
47.2
10.4%
2000
464.18
50.7
10.9%
2001
461.75
47.9
10.4%
2002
465.85
43.8
9.4%
2003
474.93
43.3
9.1%
2004
482.96
45.6
9.4%
2005
492.53
49.1
10.0%
2006
499.43
49.1
9.8%
2007
505.43
51.0
10.1%
2008
488.07
44.3
9.1%
2009
477.43
38.7
8.1%
2010
493.03
41.5
8.4%
2011
495.28
42.8
8.6%
2012
499.32
43.9
8.8%
2013
512.53
47.0
9.2%
2014
510.70
54.0
10.6%
2015
517.22
56.3
10.9%
2016
521.96
55.5
10.6%
2017
532.03
58.8
11.1%
2018
533.41
60.4
11.3%
2019
533.54
60.2
11.3%

ご覧のように、2009年から、2019年までの税収比率を見て欲しい。

2009年の税収のGDPに占める割合は、8.1% である。

これが、2019年になると、11.3% に上昇している。

GDPに占める税収の割合は同じでは無い。

GDPが増加すると税収は、それ以上に増加する。

人口はほとんど変わらないのに、元になるGDPも増加する。

「国家予算の財源の量は限られた量である」と言う「ゼロサム論」が事実と異なる事が分かるはずだ。


GDPと税収の関係を示す値に「税収弾性値」というものがある。

GDPが1%成長すると税収が何%増加するかを示す値で、基本的に値が大きいほど税収が増えやすいといえる。

税収弾性値 = 税収増加率 ÷ 名目経済成長率

財務省はこの税収弾性値を 1.1 と見積もっているそうだが、2013年度の税収弾性値は、税制改正の影響等を除いて計算した場合、3.7 という値を取るそうだ。

税収弾性値は景気拡大期には大きくなり、景気縮小期には小さくなる。

税収弾性値は一定では無いということだ。

2013年度の税収弾性値が、3.7 ならば、アベノミクス下の経済は景気拡大期になる。

税収弾性値が変わるのは、おそらく不景気から好景気への移行により、利益がなく法人税を払っていなかった企業が法人税を払うようになったり、雇用が増えて所得税を払う人が増えたり、所得が増加して累進課税の適用対象者が増加したり、消費が増えて消費税税収が増加するためだろう。

税収弾性値が、無限に 3 を超えるような値を示すとは思っていないが、デフレ不況からインフレ好景気への移行期間は高い税収弾性値を示すと思う。

税収弾性値が 1 付近まで落ちるときは、不景気か、又は、完全雇用を達成してしばらくたった好景気だろう。

少なくとも完全雇用を達成する以前の段階で、税収が限られていると考えるのは、非現実的だ。

せめて、税収弾性値が 1 付近まで落ちたとき、政府歳出と歳入のバランスについて考えなければ、将来どのぐらいの税収増加が見込めるのかわからない。

現状では、将来の歳入の上限がどのぐらいの金額になるか、まだ分からないのだ。


以上、「ゼロサム論」は間違っていることの、証拠を説明しました。



このブログを検索

Translate

人気の投稿

自己紹介

自分の写真
オッサンです。実務経験は Windows環境にて C#,VB.NET ,SQL Server T-SQL,Oracle PL/SQL,PostgreSQL,MariaDB。昔はDelphi,C,C++ など。 趣味はUbuntu,PHP,PostgreSQL,MariaDBかな ?基本無料のやつ。

QooQ