保険原理と BI 原理の矛盾について

2020年9月26日土曜日

経済政策 時事

t f B! P L

昨日のBIの話の続きになる。

BIの議論で忘れられているモノ



 リフレ派経済学者の高橋洋一さんが以下のようなことを Twitter でコメントしていた。





これは BI の制度設計がなぜ難しいのか、根本的な理由になるらしい。


言われてみれば、 BI というのは再分配の原理に基づく給付金であり、年金と言うのは保険制度である。


再分配は マクロな経済の発展のために 所得の高い人の富の一部を所得の低い人に分配することによって 国全体の消費購買力を高める政策である。


BI による再分配は全員公平に一律同じ金額を給付することになる。


これに対し保険制度というものは一定の確率で起こる不幸に対し必要な保険金を払う制度である。


健康保険を例えて言えば病気になる人は全体の一部であり、保険金を受け取るのは一部の人である。

しかし健康保険料は国民全員が納める。

また受け取れる保険金は支払った保険料によって異なる金額の保険金が支払われる。


国民年金や厚生年金は保険制度として支払われる保険金は老齢年金の障害年金もある。

健康保険や介護保険なども名前の通り保険制度である。


BI のような再分配による給付金の場合は全員から財源を徴収し全員に平等に同じ金額の給付金を配る。


これに対し保険制度というものは全員が保険料を支払い一部の不幸な人たちだけが保険金を受け取る。


基本的な資金源の集金と支払いの原理が違うのだ。


厚生年金の場合、過去に保険料を支払っていた人々も保険料の支払い金額は人によって異なる。

当然支払われる時の保険金の金額も異なる。


これが BI に置き換わってしまうと支払われる給付金の金額は一律7万円になってしまう。


これは高額の保険料を払ってきた人達にとっては契約違反である。

健康保険にも介護保険にも同じ理屈が成り立つ。


「 過去に払った保険料に見合った保険金が支払われないではないかこれは契約違反で詐欺ではないか ! 賠償を払え ! 」

というように裁判に訴えられたら勝てないだろう。


このような 再分配と保険原理の矛盾を解消できる説明ができなければ、司法に訴えられても勝訴できるような制度改正は実現できない。


行政制度だけ制度改正しても、司法によってひっくり返されてしまうような制度は採用できない。


ベーシックインカムの制度設計の難しさと、それを採用することの難しさの根本的な理由は年金を中心とした保険制度を再分配型の給付制度に切り替えることの論理的な矛盾を解消するすべがないところにある。


高橋洋一先生の説明で初めてこのことを理解した。


微力ながらのブログを通じてこの事を拡散したいと思う。


このブログを検索

Translate

人気の投稿

自己紹介

自分の写真
オッサンです。実務経験は Windows環境にて C#,VB.NET ,SQL Server T-SQL,Oracle PL/SQL,PostgreSQL,MariaDB。昔はDelphi,C,C++ など。 趣味はUbuntu,PHP,PostgreSQL,MariaDBかな ?基本無料のやつ。

QooQ