持続化給付金申請システムの不具合回避法

2020年5月2日土曜日

時事

t f B! P L

持続化給付金申請システムはいくつか不具合があり、バグだらけのシステムをどうにか運用している状態です。
そこで私が確認した不具合の回避方法を共有したいと思います。
申請する前に確認する事をお勧めします。

ログインできない問題回避法

ログイン出来ないのはパスワードがルールに違反しているから。
正しいパスワードに変更すればログイン出来ます。

ただ正しいパスワードルールが明記されていません。

正しいパスワードは
「英数字で、1文字以上の大文字と1文字以上の数字で構成された、8文字以上のパスワード」です。

既にログイン出来ない状態なら「パスワードリセット」を実行してください。
メールは送信されないバグがありますがリセットはされています。
この状態で「ログイン情報登録」画面を開きます。
仮登録メールから開けるはずです。

「ログイン情報登録」画面は「同じログインID」に対して上書き登録できます。

この画面で最初に登録したログインIDを入力し、正しいルールのパスワードを入力出来れば、ログイン出来るようになります。

添付ファイルをアップロード出来ない問題回避法

使えるファイル拡張子は .jpg  .jpeg  .png  .pdf  だけ

添付ファイルは使用できる拡張子が .jpg  .jpeg  .png  .pdf のファイルしか受け付けないようになっています。
それ以外は無条件にエラーになります。

e-tax で確定申告した人は「受信通知」を添付する事になりますが、「受信通知」は .xml ファイルなので添付出来ません。
「受信通知.xml」はテキストエディターで開き、別途 Microsoft Word を開いて、丸ごと全部コピペでWord文書ファイルにコピーしましょう。(用紙レイアウトはA2)
そして、Word のエクスポート機能を使用して、PDFファイルにエクスポートします。
この 受信通知.pdf ファイルは添付してもエラーになりません。

個人的には Word 文書 の用紙レイアウトは「A2」にした方が良いと思います。
読みやすくなります。

添付できるファイルサイズの上限は 1MB 以内

システムには「10MB以上のファイルは添付できない」と書かれていますが、
実際には「1MB以上のファイルは添付できない」の間違いです。

画像ファイルなどのサイズが1MBを超えていないか確認しましょう。

また画像ファイルはサイズを縮小する事が簡単にできるので、ファイルサイズが1MBを超えていたら画像サイズを縮小しましょう。
その時「縦横比を維持する」ことと「PNG は jpg へ変換する」ことに注意してください。
白黒への変換はお勧めしません。
色化けします。

PNGファイルは可逆性圧縮方式なので、jpgの様な不可逆性圧縮方式よりもファイルサイズが大きくなってしまいます。
PNG は jpg に変換しましょう。

画像編集ツールは Windows に標準搭載されている「Paint(ペイント)」が簡単で良いと思います。

これでファイル(画像)サイズの変更も、PNG から jpg への変換も出来ます。

あと、画像の余白のトリミングもお忘れ無く。
これも「Paint(ペイント)」で出来ます。

所得金額の計算は自分で行う

こればバグでは無いですが、持続化給付金申請システムはある程度自分で2019年の年額の計算や、2020年の対象月に基づく減収年額を計算しなければなりません。

計算処理の実装が間に合わなかったのでしょう。手動になっています。

だから予めテキストファイルやWord などに計算結果をメモして用意しておくことをお勧めします。

バグはいずれ改修される

今はバグだらけでどうにか運用している状態ですが、バグはいずれ改修されます。

資金繰りに余裕のある人は急がない方が良いかも知れません。


このブログを検索

Translate

人気の投稿

自己紹介

自分の写真
オッサンです。実務経験は Windows環境にて C#,VB.NET ,SQL Server T-SQL,Oracle PL/SQL,PostgreSQL,MariaDB。昔はDelphi,C,C++ など。 趣味はUbuntu,PHP,PostgreSQL,MariaDBかな ?基本無料のやつ。

QooQ