「天皇」は合理的な仕組みだ - 共和主義者の考えは浅はかだ

2019年7月13日土曜日

政治

t f B! P L

最初にお断りしておくが私は「合理主義」者である。
合理主義は別名「理性主義」と呼ばれる。
合理主義は現在明らかになっている科学を中心に論理的に正しいか否かで社会制度の構築や再編を考える思想だ。
これに対するのが「保守」思想で、保守の考え方では「現在を生きている人間の理性」というものは浅はかで十分に信頼できるものではないと考える。
従って、社会制度の構築や再編を考える上では「科学と理性」だけでは不十分であり、そこには「先人の知恵と伝統」を合わせて考える。
「科学と理性」を否定しているわけではなく、「科学と理性と先人の知恵と伝統」を全て吟味して漸進的に社会制度を改変していく思想である。

「合理主義(理性主義)」と「保守思想」は対立する思想であり、互いに敵対関係にある。

従って合理主義者の私には保守派という思想は「敵」という事になる。

ただ、私は今のところ保守派に敵意は感じない。
情報システムに対する理解がないところは嫌いだが、それは保守派に限ったことではない。
老人達は皆、情報システムに理解がない。
これは世代間衝突である。

政治的には左派と右派を比較すれば安全保障も経済政策も外交政策も安倍政権が最も優秀であり、左派はいずれも支持できない。

私も「自由主義」者なのでリベラル思想は否定していない。
現在の左派は全然リベラルではないので、支持できないだけだ。
左派の方が守旧派に近いぐらいだ。

天皇の廃止を主張する合理主義者


世間の合理主義者は「天皇(制)を廃止して共和制にすべきだ」と主張する。

その理由は
「天皇は時代遅れの封建的制度だから近代国家に相応しくない」
「能力に関係無く無条件に天皇の地位に就くのは不公平である」
「天皇陛下の人権が守られない」
といったものだ。

私はどの理由も「くだらない」と思う。

世間の合理主義者のレベルはこんなモノかと呆れるだけだ。

共和制より議院内閣制の方が成功例は多い


世界の近代民主主義国家の中では、共和制国家は国家が分裂や、体制が継続出来なくなって過去と断絶するケースが多い。

王や天皇を元首に掲げる議院内閣制民主主義の方が、長く体制や伝統や文化継承が続いているケースが多い。

フランスはフランス革命で一度共和制民主主義を開始したが、その後共和制が崩壊している。
過去と何度か断絶している。

アメリカは一度、南北に分裂し南北戦争で闘っている。
北軍が勝利して統一を取り戻したが、歴史的に一度分裂している。

大韓民国の前身である大韓帝国は皇帝を抱えていた。
日韓併合時代は、大日本帝国と大韓帝国は合邦国家になっており、日本帝国の中に大韓帝国が存在している体制なので、戦前は韓国が大韓帝国皇帝を有していたことになる。

戦後朝鮮半島が南北に分裂し、北が共産主義国家を、南が皇帝を廃して共和制国家を作ったことで、大韓帝国の統一は失われた。

皇帝を残し議院内閣制にしておけば統一の機会は訪れたはずだが、その可能性を大韓民国は捨ててしまった。

インドなど何度も分裂している。

民主化した旧ソ連は連邦が消滅してバラバラになってしまった。

共和制国家というものはとても「脆い」ものなのだ。

逆に議院内閣制は簡単には分裂したり崩壊したりしない。

日本は敗戦後も同一国家を継続出来ている。

イギリスも名誉革命によって民主化したが、それ以前の王制国家から国家を継続している。
過去と断絶していない。

西欧や北欧の王を有する議院内閣制国家も分裂や、崩壊したという話は聞かない。

タイ王国など随分長く王朝が続いており、議院内閣制で民主化も達成している。

議院内閣制は民主化以前の国家と連続性があるので、王(天皇)の権威が支えになり、分裂や崩壊が起きにくい。

共和制では統一を維持することの正当性を合理的に説明出来ない。
分裂することに経済合理性があるなら容易に国民は分裂を選択してしまう。

王(天皇)を有していれば、分裂は過去との断絶を意味し、国民の慣習的、文化的損失になる。
一度、分裂して過去と断絶した国家はその後際限なく分裂するだろう。
伝統資産がないからだ。

当たり前だが分裂を繰り返していけば国はどこまでも小さくなり、やがて大国に対抗できない脆弱な国になる。
やがては大国の属国やウイグル・チベットのような植民地になるだろう。

わざわざ不安定で脆弱な共和制を採用することに、合理性があるとは思えない。
バカな選択でしかない。

人間の意志が介在することなく皇位が決まることに意味がある


皇位が能力などの人間の評価を介在することなく決まることに「不公平」と主張する人がいるが、この人達は二重三重に頭が悪いと思う。

第一に「能力」という人間の評価が本当に信頼できると思っているのだろうか ?
この意見を言う人は「能力」という尺度が本気で信頼できると思っているようだ。

能力という尺度は誰が決めているが考えてみるべきだろう。
その尺度を決めている人の判断は正しいと断言できるだろうか。

例えば「学歴」という尺度の場合、確かに「学力」があることは保障されるが、それで「能力」があると断言できるかと言えば、能力の保障はできないはずだ。
そもそも「能力」とは目前の問題を解決する能力のことで、直面する問題の内容によって必要な能力や資質は異なる。
デフレのようにマクロ経済の問題であれば経済学の知識が必要だ。
ビジネスで成果を上げた元経営者の政治家がいるが、全員経済が分かっていない。
ビジネスの知識は経済政策の役には立たない。

東大卒業者が多数派を占める官僚も産業政策は失敗ばかり繰り返している。
五世代コンピュータやら短距離離着機やら原子力の輸送船やら色々な産業政策を実施したが全部失敗に終わった。

今度は超音速旅館機を開発するそうだが多分失敗するだろう。
技術的失敗ではなく商業的に失敗すると思う。

能力の信奉者は何を基準に「能力」を評価するのだろうか。
恐らく深いことは何も考えていないと思う。

だから安易に「能力で天皇の地位を決めろ」などと中身空っぽの空論を吐くのだ。

天皇に相応しい能力など定義できるわけがない。


憲法や人権に権威を与えているのは天皇である


「天皇に人権がない」という話を聞いたときは馬鹿馬鹿しくて笑ってしまった。

法治国家というものは「法の前での平等」というものが成立して初めて「法治」が成立する。
法治国家では「法」に権威が必要になる。

いきなりどこの誰だかわからない馬の骨が、勝手に「これが法律です。皆、この法律を守りなさい」と叫んでも、「何だ!お前、バカじゃねーの」と言われて相手にされるわけがない。

これは選挙の洗礼を受けた政治家によって構成される議会でも同じだ。
何もないところでいきなり選挙が行われて、政治家が決まり、法律が作られたとして国民がそれに従うかと言えば、普通は従わないはずだ。

その議会が正当な物が分からないからだ。

例えば大阪だけ、北海道だけで勝手に選挙して議会をつくり法律をつくったとして、その地域議会と法律に国家レベルの権威があるか考えれば、権威はないと言えるだろう。
少なくとも私はそんな物信じないし従わない。

法律が権威を持つ為には、既に権威を持つ者が、法律に権威を与えなければ、法が権威を持つことはできないのだ。

日本では、内閣総理大臣や閣僚は天皇が任命することで、権威を与えられる。

憲法は天皇が発布したことで権威を持つ。

憲法については左派を中心に誤解している人が多いが、日本国憲法は大日本帝国憲法を改正した憲法であり、大日本帝国憲法と日本国憲法には連続性がある。
言い換えると「日本国憲法は大日本帝国憲法と同じ憲法である」と言える。
両者の内容はもちろん違うが「憲法」として見ると両者は同じ憲法である。
その証拠に大日本帝国憲法は明治天皇によって発布されたが、日本国憲法は発布されていない。
公布されただけである。
日本国憲法が新しい憲法ならば「発布」されるはずだ。
発布されていないということは、日本国憲法は「既に発布されている」ということだ、「大日本帝国憲法」という名で。

従って、日本国憲法は天皇によって権威を与えられている。

人権という概念は日本国憲法によって定義と権威を与えられている。

従って、「人権」という概念に権威を与えているのは天皇である。

天皇によって権威を与えられ、守られている「人権」によって天皇を守るという事は、「循環参照」という論理的な間違いでしかなく、成立しないのだ。

天皇が最高位の権威なのだから、天皇陛下の人権は天皇陛下ご自身が守られるだろう。
どっちが「守る者」で、どっちが「守られる者」か、勘違いしていると言わざる得ない。

世間の合理主義者の天皇論は考えが浅すぎて聞くに値しない


以上に説明したように世間の合理主義者の天皇論は考えがあまりにも浅くて、この下らない話に脳のブドウ糖を消費することはエネルギーの無駄でしかないと思う。

もう少し考えてからモノを言えと言いたい。


合理的な天皇という仕組み


先に説明したように私は合理主義者である。

その合理主義的考え方で天皇を考えたとき、私には天皇という仕組みはとても合理的なモノに思える。

この考え方は保守派の考え方とは異なるが、合理主義的に天皇を評価してみたいと思う。

二階建て構造の国体


日本は議院内閣制であり、伝統的古代国家の土台の上に近代民主主義国家が形成されている。

伝統的古代国家を形成しているのが、日本語・文字・伝統慣習法・伝統文化・国民の一体感や同邦意識・天皇と皇室である。

近代民主主義国家は憲法・法律・三権分立・中央銀行・貨幣といった仕組みで法治国家と民主主義と資本主義を形成している。

少なくとも国家の統一は伝統的古代国家によって達成されている。
法律も日本語と文字がなければ作る事ができない。

全ての近代国家は近代国家になる前の言語や文化などの資産があって初めて、近代国家を形成できる。
中世がなければ近代もないのだ。
アメリカは英国の言語と文化宗教を使用して近代国家を形成している。

伝統的古代国家が一階で、近代民主主義国家は二階である。
一階は、約二千年継続している。
しかし二千年も同じ政治体制が続くわけがない。
日本はかなり昔から二階建て構造の国体を維持しており、時代と共に二階部分を作り替えてきた。

近代国家になる前は幕藩体制が二階を形成していた。

その前は、武士の統治以前の時代なので、貴族支配の体制になると思う。

その前は、豪族支配体制だろうと思う。

藤原氏が力を持っていた時代もある。

古代の歴史はあまり詳しくないのだが、天皇はかなり昔から「君臨すれども統治せず」の地位にあって、政治的執行権を有していなかったと思われる。

つまりかなり昔から日本は二階建て構造の国体であったと思われる。

そして時代と共に二階を作り替えてきたからこそ、二千年も天皇の国が継続したのだろうと思う。

この構造は時代の変化に合わせて政治体制を容易に変更できる点で、非常に合理的であり便利でもある。

今の近代国家が将来時代遅れの体制になったとき、天皇がいれば容易に二階部分を作り替えることが出来る。


人間の意志が介在しない合理性


皇位が人間の意志が介在することなく決まる仕組みにも私は合理性を感じる。

少したとえ話をする。

戦争になり、敵国が日本を核攻撃したとする。
東京に数十発の核ミサイルが落とされ、首都住民は全滅するとする。
当然に日本政府は消滅し、天皇陛下は崩御される。

敵国に対抗する為、地方政府が臨時の日本政府を新たに作るだろう。

その時、もし同時に二つの臨時政府が誕生したら、どうなるか。
両者が正当性を争うことになる。
もし共和制国家だったら国は二つに分裂してしまうだろう。
どちらが正当な臨時政府が決めることが出来ないからだ。

しかし天皇を有す日本なら分裂を防ぐことができる。

天皇は皇位継承権が血筋で決まっており、日本全国に分散している皇位継承者の中から、誰か一人が自動的に次の天皇陛下に決まる。
人間の意志は介在する必要がない。

日本の法律では、内閣総理大臣及び閣僚は天皇の任命を受けなければその地位に就くことが出来ない。

臨時政府が二つ出来た場合、次の天皇陛下が信頼し、内閣総理大臣及び閣僚として任命した臨時政府が正当な日本政府である。
天皇がいればこのような非常事態でも国家の分裂を防ぎ、国家を再建できるのだ。

人間の意志が介在することなく皇位が決まる仕組みは非常事態を想定するととても合理的である。


合理主義者から見ても伝統資産は価値のある資産である


合理書義者は比較的伝統に逆らい新しい制度を作りたがる傾向がある。

しかし、むやみやたらに伝統を捨てる行為はただ資産をドブに捨てているだけで、全然合理的な行為ではない。
合理的判断とは過去の資産と現在の資産を秤にかけて、より良い資産を残していく行為であり、古い資産に価値がないわけではない。

日本の伝統資産にも価値があるのは明白なので合理主義者が全て伝統を破壊するわけではない。

最近私がその価値を痛感する伝統は「和食」である。
最近食事を見直して、純和食に切り替え、米の消費量を増やしたのだが、非常に体調が良い。
伝統食の価値を痛感している最中である。

最近は海外でも和食が広まっており、日本の輸出品としての価値が高まっていると聞く。

「寿司」がヘルシーなのは合理主義者の多くも認めるところだ。

ここまで明らかな伝統的資産価値を合理主義者も否定はしない。

世間の合理主義者は合理主義者失格のレベルだ


天皇(制)を廃し共和制を導入すべきと主張する世間の合理主義者は、その合理性に問題があると言わざる得ない。

つまり、その主張は合理的ではない。

むしろ天皇は合理的である。

世間の合理主義者は、思考が浅く、事実誤認も多く、合理主義者失格のレベルだと思う。


補足


先の大戦で敗戦したとき、「本土決戦」を訴える声は多かった。
日本人が敗戦時に武装解除して素直に降伏したのは天皇陛下が玉音放送により武装解除を命じたから日本人は従ったのだ。

玉音放送がなければ、国民は武装解除に応じず、ゲリラ軍になって何百万人もの日本人と米兵が戦死することになったと思う。

天皇にはこういうメリットもある。

共和制国家だったら、東西に分裂して日本は消滅していたかも知れない。

東西に分裂して、日本人同士殺し合っていたかも知れない。

想像力の欠如したアホにはなりたくないモノだ。


このブログを検索

Translate

人気の投稿

自己紹介

自分の写真
オッサンです。実務経験は Windows環境にて C#,VB.NET ,SQL Server T-SQL,Oracle PL/SQL,PostgreSQL,MariaDB。昔はDelphi,C,C++ など。 趣味はUbuntu,PHP,PostgreSQL,MariaDBかな ?基本無料のやつ。

QooQ