「ピラミッド型組織の統治」というものを勘違いした意見が多すぎないだろうか ?

2019年7月6日土曜日

閑話 雇用

t f B! P L

しばらく前から経営サイドの「自己責任論」や、労働サイドの「使用者責任論」などに根本的にピラミッド型組織の統治のルールを無視した意見が多く見られる。

経営サイドに目を向ければ「他責指向は良くない」「指示待ち人間は良くない」といったもの。
「労働者は経営者視点を持て」などと言うのもある。
極端なケースは「過労死は自己責任」などがある。

労働サイドでは「ネットワーク型組織」や「サーバントリーダーシップ」などのマネジメント手法に対する誤解から、上長による指揮命令を否定的に捉える考え方がある。
管理者にもあるが、「管理者と部下が友達のようにフレンドリーであるのが良い」という暗黙の了解が存在する場合がある。

私は、経営サイド・労働サイドの両方のピラミッド型組織の認識に違和感を感じる。

最初の違和感


最初に就職した会社の直属の上司が、上下関係の考え方について、非常に曖昧な人間だったので、とても働きにくかった覚えがある。

何というか、「中途半端にフレンドリー」で「中途半端に傲慢な命令を下す」人だった。
最終的には自分の指示の結果として失敗しているのに部下の責任にする「無責任管理職」だったわけなので、管理能力のない人でしかないのだが、当時は右も左も分からなかったのでとても苦痛だった。

この上司は自分の部下3名ほどとフレンドリーな関係を作ろうとして当時流行していたテレビドラマの話題などで友達のように振る舞うが、この態度が部下の一部の勘違いを生み、私の同期社員2名のルーズな働き方を招いた。

その同期2名は仕事中しゃべってばかりでぜんぜん仕事をしなくなったのだ。

私は上下関係ははっきりさせるべきだと思っていたので、同調しなかったが、この上司は同期2名に対してハッキリと「しゃべってないで働け !」と毅然とした態度を取らなかった。
中途半端にフレンドリーな関係を維持しようとして管理者の本分である「指揮命令」「コントロール」ができなくなっているのである。

私は一貫して「指揮命令」に従う態度を崩していなかったので、上司の指示に従って淡々と働いていたが、そうなると仕事を出しやすい私に仕事を集中させるようになった。
同期2名はサボっている最中に私だけがこき使われる状態になった。
何度も「この状態は不公平だ、単純作業ぐらい同期2名に仕事を振ってくれ」と主張したが、曖昧にお茶を濁され、取り合って貰えなかった。
そのくせ同期2名が席を外すと、「二人が全然働かないでしゃべってばかりいる」と愚痴をこぼすのだ。
「お前が上司なのだから『働け』と命令すれば良いだけだろ」と言ってやりたかったが、「こいつに言っても無駄だろうな」と諦めていた。

今思えば、黙って上司の指揮命令に従う私に甘えていたのだろうと思う。

これが毎日の労働時間が多くなければまだ我慢できるが、入社当初から毎日、朝9時から23時まで働き、毎日終電で帰るのだから、そのストレスはとても大きく一年後には爆発してしまった。
上司と同僚2名とケンカになり人間関係を維持できなくなってしまった。

私は翌年度には別部署に移動になり、その会社に6年ほど務めた。

同僚2名は1人は1年で、もう1人は2年ほどで退職していった。
初めから腰掛け気分だったのだろう。

その後のこの上司も指揮命令に関する認識が中途半端で上と衝突したり、下とケンカになったり色々騒がしかった。

随分昔の話なのだが、昔からこの上司のようにピラミッド型組織の指揮命令系統を勘違いしている人間は多い。

ピラミッド型組織には確かに欠点がある。
それを改善する手法として、ネットワーク型組織論やサーバントリーダーなどのマネジメント手法が登場したことは事実である。

しかし、それらはあくまでピラミッド型組織の欠点を改善する為の手法であり、ピラミッド型組織を否定し、取って代わるものではない。
(スクラムに代表される新しい管理手法はまた別のモノである)

ピラミッド型組織の原理原則は守りつつも、その欠点を解消する管理手法にすぎない。
スクラム(アジャイル開発の一手法)を除く。

ピラミッド型組織は、リーダーの命令に従い、リーダーが責任を取るのが原則


ピラミッド型組織というモノは、原則として全ての組織人がリーダーの命令に従い、階層構造で上長の命令に従い、その結果責任は全てリーダーが負う管理体制である。

権限とそれに伴う責任は同量で無ければならない。
企業であれば社長は従業員に指揮命令する権限が法的に与えられている。
残業も法的には会社の命令なしに従業員が勝手に行ってはいけないのだ。
全ての残業は会社の代表たる上長の命令によって行われるのが法的な原則である。

従って、法的には従業員には裁量権がないことになる。
管理効率を高めるために指揮命令を大きなまとまりにして、従業員にある程度の裁量権を持たせる場合はあるが、これはあくまで「管理手法」にすぎず、法的には従業員は会社(使用者)の指揮命令に従って働くのが正しい。

指揮命令権が会社のリーダー(経営者)にあるのなら、その指揮命令の結果に関する責任もリーダー(経営者)にある。
およそ会社の仕事の結果は全てリーダー(経営者)の責任になる。
会社に所属している限り、従業員の「自己責任」など成立しないのだ。

もし従業員の自己責任が成立するとすればそれは「指揮命令に背いた結果、損害が生じた」場合に限られる。
「指揮命令に従った結果、損害が生じた」場合は完全にリーダー(経営者)と会社の責任である。

「過労死は自己責任」など成立するわけがないのだ。

「過労死は自己責任」が成立するのは自らが指揮命令権を有する個人事業主や社長だけだ。

「他責指向は良くない」「指示待ち人間は良くない」といったものも同様に、ピラミッド型組織の指揮命令系統を無視した意見だと思う。

従業員は社長及び上長の指揮命令に従って働くのが仕事なので、命令に従っている限りその結果の責任は上長及び社長にある。
命令に背いたのなら従業員の責任である。
しかし命令に従っていたのなら、上長責任である。

「指示待ち人間は良くない」というのは完全に逆さまである。
「指示に従うのが従業員の仕事」である。
「指示待ち人間は良くない」という意見はピラミッド型組織の統治を根本から否定している。
経営者にあるまじき考え方である。

サーバントリーダーのような新しい管理手法は何故生まれたか


ピラミッド型組織では原則として、社長が管理職を、管理職が従業員を、業務権限以内の制限付きで「支配して管理する」手法である。
支配と言ってもあくまで労働者が提供している1日8時間の労働力のみ自由に使用できるというだけで、奴隷のように使えるわけではない。

近年、労働者の専門性が増し、管理者が部下の専門性の全てを把握することが不可能な状況が生じるようになった。

システム開発でもデータペースの専門家とネットワークの専門家とデザインの専門家とマネジメントの専門家はそれぞれ異なる専門知識を有している。
リーダーがこれら全ての専門知識を身につけるのはほとんど不可能に近い。

だから、専門知識を必要とする判断をリーダーがメンバーである専門家に委託いる必要性が出てきた。
この指揮命令の委託を管理に導入した手法がサーバントリーダーや裁量労働である。

しかしこれはピラミッド型組織を根本から否定しているわけでは無く、あくまで指揮命令の権限を持つのはリーダーと上長であり、指揮命令を現場の専門家に代行してもらっているだけである。
その結果責任がリーダーと上長にあることに変わりはない。

成果を人事評価に反映することはリーダーと上長の権限で可能である。
リーダーと上長が結果責任を負うことは何ら不公平なことではない。

従業員に経営責任を取らせる経営者は経営責任を放棄している


「労働者は経営者視点を持て」などと言う経営者は完全に経営責任を放棄していると言わざる得ない。

労働者が経営の勉強などするだろうか ?

もし経営の勉強している労働者がいるとしたら、それは独立して自ら社長になろうとしている人間だけだ。
勉強の結果として経営者視点に立つことが可能になったら、すぐ退職して独立してしまうだろう。

従って、まだ従業員をやっている労働者に十分な経営の知識など有るわけがないのだ。

労働者に経営者と同じ視点に立つことを要求すること自体が「あり得ない」話だし、これを主張する経営者は従業員に甘えていると言わざる得ない。

経営者と労働者はまったく利害関係の異なる存在である。

労働者は労働法と社会保障に守られるが、原則として裁量権はなく、経営者の命令に従わなければならない存在である。
経営者は完全な裁量権があるが、労働法には守られない。
そして経営の全責任は経営者にある。

当たり前の話だ。

昔からルーズな指揮命令はある


「労働者は経営者視点を持て」
「指示待ち人間は良くない」
「他責指向は良くない」
「過労死は自己責任」

といった意見は、経営者と労働者・管理者と部下といったピラミッド型組織の統治を中途半端に否定する無責任な統治体制だと思う。
リーダーならリーダーの権限を行使して、責任を果たせと言いたい。

私の最初の上司のような、中途半端にフレンドリーで管理者としての指揮命令統治責任を果たさない経営者はハッキリ言って存在自体が迷惑なだけだ。
誰が何の責任を担うのか、フレンドリーな態度では分からなくなる。
フレンドリーは無責任だ。

上司は部下の友達ではない。
その必要も無い。

経営者と従業員、上司と部下は、指揮命令系統の役割の違いを明確にし、上位者は上位者の下位者は下位者の責任を果たすことを明確にすべきなのだ。

サーバントリーダーのような新しい管理手法はその役割分担を明確にした先にあるのだ。
ピラミッド型組織を否定しているわけではない。

アジャイルやスクラムなどの新しい管理手法はまたこれとは違うが、今回は省略する。

だからと言って傲慢に振る舞えとは言わない


「上位者は上位者の下位者は下位者の責任を果たすことを明確にすべき」と言うと頭の悪い奴は、すぐ下位者に対して傲慢に振るまい、上位者としての仕事を部下に押しつけたり、自分の失敗の責任を部下になすりつけたりする。

このような行為が、管理者として無責任なのは言うまでも無いだろう。

「上位者は上位者の責任を果たせ」と言っているのだ。

上位者の責任とは、指揮命令することであり、結果に責任を持つことである。

マネジメント手法として「振ると任せる」の話もあるが、これは別次元の話だ。

例えば、日本は原則として「法治国家」ではあるが日本中の全ての細かいルールを法律に明記したらしないだろう。

ローカルルールはローカルに定義され、小組織では組織のリーダーがルールを代行したりする。
これは人治になるが、別に違法ではない。

ピラミッド型組織の統治原則と、サーバントリーダーのような管理手法は、次元(レイヤー)が違うのだ。

それぞれ別々に考えるべきだろう。

自分で全責任を取りたくないのなら外注しろ


最近は自社では従業員を雇わずに複数の個人事業主(フリーランス)に仕事を発注して、業務を回す会社も増えていると聞く。
この方法は、契約上は「請負契約」や「準委任契約」になるので、発注者に「指揮命令権」は無い。
依頼するだけである。
個人事業主に断られたら、他の人に依頼するしかない。
しかし、使用者責任は無い。
解雇のように「契約解除」も自由である。

「労働者は経営者視点を持て」
「指示待ち人間は良くない」
「他責指向は良くない」
「過労死は自己責任」

この考え方が成立するとしたら「雇用契約」を結んでいない、上記のような「請負契約」や「準委任契約」の取引関係においてのみ成り立つ。

もし経営責任や雇用責任を取りたくないのならば、「請負契約」や「準委任契約」で外注すれば良い。

その変わり、「発注者責任」が生じ、「独占禁止法」と「下請法」の遵守義務が生じるのでお忘れ無く。

「あらゆる責任を取りたくない」という人とは話すつもりはない。


このブログを検索

Translate

人気の投稿

自己紹介

自分の写真
オッサンです。実務経験は Windows環境にて C#,VB.NET ,SQL Server T-SQL,Oracle PL/SQL,PostgreSQL,MariaDB。昔はDelphi,C,C++ など。 趣味はUbuntu,PHP,PostgreSQL,MariaDBかな ?基本無料のやつ。

QooQ