アーキテクト不在でいつも混乱の開発

2018年10月14日日曜日

システム開発 システム業界問題

t f B! P L

エンタープライズ系SIerのシステム開発プロジェクトを見ていていつも不思議に思うことがある。
「なぜ開発チームにアーキテクトを配置しないのか?」という点だ。
これは全てのシステム開発プロジェクトに当てはまる訳では無い。
キチンとアーキテクトの監督の元システム開発を行っているチームも多い。
しかし私の感覚では半数ぐらいのチームでアーキテクトを配置していない。

マネージャーだけ居れば良いじゃん。が多すぎる

アーキテクトというのはシステムの全体の構造が整合性を保つように技術的な監督を行う職務だ。
小さなシステムならリーダーがマネージャーもアーキテクトも兼任するが、有る程度大きくなると三つの役割を兼務することが難しくなる。
そこで役割分担するのだ。
純粋に誰が何を何時までにやるかを決めるだけなら技術的な知識が無くても出来なくは無い。マネージャーは必ずしも技術的に優秀でなくても務まる場合もある。
しかしアーキテクトは技術的に最も優秀な人間が努めなければならない。

どういう訳か受託開発の世界では「マネージャーだけ居れば良い」という通念がまかり通る。(全てでは無い)
以前、建築会社の経営資源管理システムのプロジェクトに参画したときの話だ。そのシステムはシステムを現場・支店・本社3つのサブシステムに分割して開発していた。
普通に考えれば3つのサブシステムを統括するアーキテクトが必要だ。
しかしそのプロジェクトでは3つのサブシステムをバラバラに設計していてすり合わせも十分に行っていなかった。
結果として結合テストの段階で整合性が取れないことが発覚し、各システムの設計変更が余儀なくされた。
コンクリートの量や工事の金額などが現場と支店と本社で一致しないのだ。明らかに設計が悪く、それも仕様の統合管理をしていないのが原因なのが明白なのだ。
結合テストは後工程だから手戻りは大きい。
このシステム開発は炎上し私も健康を害した。

どんなシステムも全体の仕様と構造を把握している人間が居なければ、構造的矛盾が生じる。
普通に考えれば当たり前のことが何故か受託開発の世界では認識されない。

どこまでも必要な人員を削る受託開発業界

SIer業界の多重請負の下層の実際にシステムを開発する現場では、必要な人員を配置しないことが多い。

10人を超えるチームなのにサブマネージャを配置しない。
サブシステムに分割しているのにアーキテクトを配置しない。
大量のテストデータが必要なのにテスト担当者を用意しない。
オンプレミスなのにインフラの専任管理者がいない。
業務システム開発なのに業務担当者を配置しない。業務担当者にこれまで通りフルタイム業務をやらせていてシステム開発に協力させない。

こんなのばっかり目に付く。
もちろんキチンとそれぞれの専任者を配置している会社もある。

ただ全体として「必要な人員を削りすぎ」だ。
「予算が無い」というのも納得できない。
必要な人員を揃えられなければ品質や生産性が悪化したりして、手戻り作業が多くなる。
予測していない費用が掛かってしまうことになる。
予算が足りないのならば発注元に請求すべきだし、払わないのなら機能を削るなどの対策があるはずだ。
あまり無理な要求をする顧客なら、断るなり訴えるなりすべきだろう。

発注元も受注側もデフレマインドなのか、限度を超えて予算と人員を削りすぎだ。
デフレの時は仕方ない部分もあるかも知れないが、現在のインフレ率は+0.7%であり不十分ではあるがインフレである。

サブシステムでもモジュール分割でもアーキテクトは全体を把握しなければならない

アーキテクトらしき人を配置しているケースも多いのだが、システムの末端モジュールの仕様などを把握していないケースも多い。
そもそもSIer業界の情技師(ITエンジニア)はアーキテクトの必要性を認識していない人が多く、仕様について報告しようとしない。報告の必然性を理解していない人が多い。
アーキテクトが説明を求めても「何でそんなこと説明しなきゃならないの?」という反応する人間も多い。
全ての仕様はアーキテクトに説明報告しなければならない。
これが徹底されていないのは、その会社の慣習に問題があると言わざる得ない。

アーキテクトは必要だ

SIer業界が全てアーキテクトを軽視している訳では無い。
ただ少なくない割合でアーキテクトを軽視している会社が多い。
システム開発にアーキテクトは必須であることを業界の人々には理解して欲しい。
SIer業界は昔から技術的役割を軽視して損害を自ら被ることが多い。
無駄に損害を被ることは無い。
アーキテクトを配置して、回避できるミスは回避しよう。

このブログを検索

Translate

人気の投稿

自己紹介

自分の写真
オッサンです。実務経験は Windows環境にて C#,VB.NET ,SQL Server T-SQL,Oracle PL/SQL,PostgreSQL,MariaDB。昔はDelphi,C,C++ など。 趣味はUbuntu,PHP,PostgreSQL,MariaDBかな ?基本無料のやつ。

QooQ