Excelを活用したシステムについて思うところ(2)

2018年9月30日日曜日

システム開発 閑話

t f B! P L

業務担当者は全部Excelで操作できるようにして欲しい


業務担当者の仕事は、ほとんどがExcelを使って作業している。
Excelは彼らの業務の窓口になっている。
業務担当者は業務システムの出力データをExcelで出力して欲しいと言う。
更に業務で作成したExcelファイルを入力して欲しいと主張する。
そしてシステムの操作もExcelから出来るようにして欲しいと主張する。
全部に応じたことがある。
Excelしか表示されないシステムになった。
しかしExcelだけでグリッド(表)もグラフも表示できるし、多数の項目の入力作業もExcelの方がユーザーには使い慣れているので楽なのだ。
特にWebシステムなんかよりExcelの方がユーザーに取っては生産性が高く、使いやすいのだ。

情技師の特にプログラマーの常識ではWebシステムが一番生産性が高く、安く作れて運用コストも安い。
Webはフロントエンドのサポートがほとんど必要ないので運用がやりやすい。
クライアントモジュールを配布する必要が無いので配布の仕組みを作る必要が無い。
など非常に作りやすい側面がある。
しかしユーザーにとってはWebによる事務作業は必ずしも生産性の高い作業ではない。

結局の所、多くの業務系ユーザーにとってはExcelのUIで全部操作できるのが一番良いのではないか。
また、フロントエンドをわざわざ一から作るより、Excelで全部代用した方が実は作る方も楽なのではないか?

実は業務システム開発は、わざわざUIを新規設計開発するよりExcelのUIだけで完結してしまった方が、ユーザーにとっても情技師にとっても、幸福なのではないだろうか?

もちろんExcelのUIだけでは出来ない事は多いが、出来ない事は断って、出来る機能だけで要件定義を纏めて、簡単に安く作った方がお互いに良いのではないかと思うのだ。

高機能化するExcel


最新のExcel2019についてのツイートがバズっていた。


100万件のデータをVLOOKUPにより数秒で処理するそうだ。

こうなるとExcelを使用したシステムの作り方も変わってくると思う。
多数のデータを画面で閲覧したりその一部を編集したりするシステムは、Excelに一括で読み込ませた方が良いかも知れない。
Excel側で大量のデータを制御出来るので100万件程度なら全部ダウンロードした方が良いかもしれない。
フィルタリングのような処理はExcelに任せて単純に作るべきかも知れない。
グラフも画像も処理できるのだから。

続く

このブログを検索

Translate

人気の投稿

自己紹介

自分の写真
オッサンです。実務経験は Windows環境にて C#,VB.NET ,SQL Server T-SQL,Oracle PL/SQL,PostgreSQL,MariaDB。昔はDelphi,C,C++ など。 趣味はUbuntu,PHP,PostgreSQL,MariaDBかな ?基本無料のやつ。

QooQ